チャットガール側の認識

先日某サイトでチャットをした会員さんから聞いた話。

その会員さんはアダルトライブチャットサイトにも登録していて、
そこで一人の女の子と話をしたらしい。

いきなり脱いでくれというのも失礼なので、ポイントを大量に買ってしばらく話をし、
流れを見た上でお願いしたところ…

「えぇ? 私脱いだりとかアダルトなことはできませんよ!ほんとはお話も苦手です」

と言われてしまったとか。

確認するがアダルトサイトである。

会員さんがここはアダルトOKな人が登録するサイトだよ?と確認すると
「そうなんですか!?」との反応が返ってきたとか。

なんでもライブチャットサイトにはアダルト・ノンアダルト・ミックス等のジャンルがある
ということを知らなかったらしい。

新人というわけではない子だったので、これも手か?と思いつつ落ちたということです。

また別の会員さんから聞いた話では、アダルトサイトでなかなか脱いでくれなかったので
「ポイントも少なくなってきたし…」
という話をしたところ、「ポイント?」と不思議な反応。

彼女の場合は、ライブチャットサイトで男性会員はお金を払ってポイントを買って、
そのポイントで女の子とチャットをするということを知らなかったらしい。

「女の子の報酬はそこから出てるんだよ?」と教えると、彼女はとても驚いて、
どうしてチャットをするだけでお金がもらえるのか不思議でした!!と…。

例え自分が出演しているサイトであろうとも、会員側の料金の詳細まで
チェックして知っている女の子はとても少ない。

購入額によるサービスポイントを考えないとしたら、現在ノンアダルトサイトの2SHOTの
相場が1分約100円。

アダルトサイトであれば倍近く、もしくはそれ以上になるということを
ライブチャットサイト側が女の子にちゃんと認識させる必要があるのでは?
とこの話を聞いて思った今日この頃…o( _ _ )o

広告